ハノイの日本人

アイドル、ジャニーズ、サッカーなど。

BEYOOOOONDSとか、猟奇殺人とか。

 

この前も書いたけど、殺人鬼が出てくるドラマばかり観ています。FBI がプロファイルし連続殺人事件を解決するドラマです。『クリミナル・マインド』観だしたらシーズン15まであることが判明。ちょっと嫌になって Netflixに行ったら今度は『マンハント』という FBI が爆弾魔を18年かけて逮捕する実話ベースのドラマを観ました。でも殺人鬼の話ばかり観てたらダメになる。今度はアニメを観たんです。それが大人気『鬼滅の刃』なですけど、やっぱり殺人鬼を死滅させていくドラマでした。一応シーズン1は観たので、今度は『ゴールデンカムイ』の第2期を観たら、やっぱり殺人鬼が。人間の皮を剥いで剥製を作ってるサイコパスが登場してました。どうしてみんな殺人鬼が好きなの?

 

 

そう言えば、FWの柱って言葉が昔あったよね。まあいい。今日はハロプロ期待の新グループ BEYOOOOODS の1stアルバムの詳細が発表されました。これが凄かった。みんな BEYOOOOONDS 大好きなんだ。タイトル観ただけでも期待が高まる。どの作家さんも BEYOOOOONDSファーストで制作されたのが伝わりまくり。ちょっと確認しておきましょう。

【Amazon.co.jp限定】BEYOOOOOND1St (通常盤) (デカジャケット付)

【Amazon.co.jp限定】BEYOOOOOND1St (通常盤) (デカジャケット付)

 

BEYOOOOOND1St 詳細

http://www.helloproject.com/release/detail/EPCE-7543/

 

 

まず目に入ったのが4曲目『高輪ゲートウェイ駅ができる頃には』。できるんだっけ? 名前は変わるかもしれない? 作詞・作曲:星部ショウ、編曲:清水信之。BEYOOOOONDS は星部ショウさんがメインの作家です。でこのタイトル。さすがだ。ちなみに清水信之さんも有名な編曲家です。堀ちえみ『夕暮れ気分』とか酒井法子『夢冒険』とか、マクロスのこれとか。とは言え、結構驚きの人選ですよね。都営大江戸線もそうだったのか。

 

 

次、6曲目『そこらのやつとは同じにされたくない』ww 大丈夫なんか、これ。作詞は元アンジュルム福田花音先生。作曲:大森靖子、編曲:浜田ピエール裕介。いい曲だといいな。7曲目、名曲の予感漂う『きのこたけのこ大戦記』。作詞・作曲:前山田健一、編曲:前山田健一/徳田光希。そして、10曲目『恋のおスウィング』。これもヤバい。既に児玉雨子先生のお蝶夫人みたいな笑い声が聴こえる。

 

そして、そして、12曲目は問題作『元年バンジージャンプ』。作詞・作曲・編曲:すべて星部ショウ。明らかにHey! Say! JUMPを意識したタイトル。ていうか、元々 BEYOOOOONDSというグループ名がそうなのか。これもまた期待したい。13曲目『恋愛奉行』。前に悪口行ったこと反省します。三浦徳子先生。いいタイトル、期待できます。どうですか? 既発シングルが名曲ばかりな上に、新曲がこの有様ですよ。すごい。すごい。BEYOOOOONDSは既に有名作家たちが腕を競い合うプラットフォームになってますね!!