ハノイの日本人

アイドル、ジャニーズ、サッカーなど。

京都サンガ、連勝ならず。

 

 

 

 

前節札幌戦のあと、勝点1ずつでも積み上げてほしいと書きました。立て直す途中のチームです。まずはリズムを作りたい。

 

今日の鳥栖戦の前半、京都はいい感じでゲームコントロールできていました。それだけに、後半の崩れ方が残念でならない。相手が風上に立つ後半勝負と考えてたこともある。振り返ります。

 

前半7分、CK からニアで原選手ヘッドでのシュート。外れるも期待させるプレイ。さらに13分、GK からボールをつなぐ鳥栖に対して京都の前プレ。鳥栖CB がパスミス。京都が奪いパスを繋ごうとするが、その大チャンスに平戸選手のパスが相手に引っ掛かる。フリーだから自分で持ち上がる選択肢もあったはず。

 

 

前半20分、京都は右サイドでボールを奪い、金子選手、平戸選手、佐藤選手、川﨑選手とボールが渡り、一旦、もう一度佐藤選手に落としたところから、佐藤選手が右にずれながら持ち上がり、右サイドを上がってきた福田選手にパス。福田選手はペナ角まで持ち上がり意表をつくシュート。惜しくも GK パクが弾き出す。

 

 

前半24分、相手GK からのビルドアップ。CB のパスミスで松田選手にボールが渡る。京都大チャンス。松田選手のパスがフリーの原選手に。シュートも GKパクがブロック。これは絶対に決めたかった。

 

 

前半25分、福田選手から金子選手にパスを落としたところから、ロングクロスを前線の豊川選手に。少し長いボールをヘッドに当てるも、枠内に飛ばず。惜しい。

 

この辺りから鳥栖のファウルが増え出す。京都の勢いをファウルで止める感じ。圧倒的に京都の時間が多い中、しかし前半42分、京都の前線も疲れが出て、プレスに行けず、左右に大きく振られ、ゴールを破られてしまう。だがオフサイドで難を逃れる。

 

 

鳥栖は積極的にプレスに来れず、京都は自由に攻撃できる前半だった。特に、2回もあった GK からのビルドアップでのパスミス。その大チャンスに、決めることができなかったのは痛い。川井監督がそのままやられるわけもなく、嫌な雰囲気で折り返した感じ。

 

 

後半48分、好調の川﨑選手からゴール前の原選手にクロス。風でスピードが落ち、原選手がヘッドで当てるも GK パクがキャッチ。

 

後半51分、鳥栖に初めてのCK。河原選手が蹴ったボールは急激に曲がりゴールへ。GK ク・ソンユンがなんとか掻き出す。ゴール前混戦に。最後横山選手のシュート。松田選手が身体を投げ出したことで、シュートは枠外に。京都はピンチをしのぐが、ここから流れが変わる。

 

 

京都が向かい風に苦しむ中、鳥栖は京都のプレスを剥がして攻撃に繋げる。後半52分に鳥栖のシュート。さらに54分、今度は福田選手が持ち上がり、前線にパスを入れようとしたところ相手に引っ掛かる。相手はすぐさま最終ラインを抜け出すヒアン選手にスルーパス。そのまま持ち込んでゴール。しかしオフサイドの判定。助かった。

 

 

57分、58分と相手 CK が続く。そしてGK ク・ソンユンがキャッチしたボールを走り出す豊川選手に出そうとしたところ、体当たりを受ける。完全にファウル。だが審判は観ておらず、相手選手にボールが渡る。堀米選手がサイドから上げたクロスを、ゴール前に入ったヒアン選手が見事ヘッドでゴール。0−1。

 

相手のファウルにしても、流れが悪い中で、GK は急ぐ必要がないシーンだった。京都の選手たちが、主審に対して抗議しないのも不思議だった。

 

さらに60分、京都の FW 2人と相手 CB が競り合う中、相手がボールをクリア。そのボールが京都CB 2人と、ヒアン選手のところに落ちる。宮本選手がボールを突き、鈴木義選手にボールが渡るがクリアミス。ヒアン選手がボールと共に抜け出しゴール。0−2。

 

 

後半62分、前線3人を交代。左から一美、山﨑、マルコトゥーリオの3選手。64分には川﨑選手からゴール前に走り込んだ一美選手にラストパス。相手CB に倒されるも、ファウルなし。さらに66分にも川﨑選手がペナルティエリアに侵入し、フリーの平戸選手にパス。シュートは GK パクにブロックされる。

 

67分、ヒアン選手に突破を許し、シュートまで持ち込まれる。GKク・ソンユンがブロック。69分にもヒアンの強烈なシュートをGK がブロック。

 

 

そのあと京都の FW 選手たちが何度かシュートシーンまで行くが、ゴールを破るまでは行かず。そして76分、左サイドから横山選手が福田選手を剥がし、ゴール前にクロス。鈴木冬選手がついてたが、その頭の上から長沼選手がヘッドでゴール。0−3で勝負あり。そのまま終了。

 

麻田選手は今日もベンチ入りせず。大丈夫なのか。次節は水曜日、ホーム柏戦です。