ハノイの日本人

アイドル、ジャニーズ、サッカーなど。

書籍『SMAP 王の物語』取扱い書店。

 

書籍『SMAP  王の物語』を扱ってくれた書店さん、ありがとうございました。売れなかったとこもあれば、売り切って頂いたとこもあり、現在入手できる書店は以下のお店になります。今後ともよろしくお願いします。

 

京都 レティシア書房 - 古書・ミニプレス&ギャラリー

   *全国のリトルプレスも扱う烏丸御池駅近くの書店

京都 ホホホ座浄土寺店) 

   *銀閣寺から歩いて行ける京都の有名個性派書店

京都 京都の古本屋 Fabulous (@69fabulous) | Twitter

   *三条通りにある、ロック雑誌の閲覧もできる古書店

 高知 夜と昼 (@yoru_to_hiru) | Twitter 

   *高知大学近くにある JAZZが店内に流れるブックスカフェ

 

 

 

ハロプロ、メイドコス FSK を注文。

MacBook Air が風呂に沈んだので、iPad Air を買ってきました。まだ  MacBook の方も諦めてないんです。だから持ち運びしやすいのを買いました。でもキーボードではダブルクリックしないといけないとか、色々慣れません。

 

ハロプロの人気商品として、フィギュア・スタンド・キーホルダー(FSK)というのがあります。前に買ったときはメンバーの顔がピンボケばかりで二度と買わないと誓ったのですが、メンバーがメイド服を着た写真を観たら買わずにはいれませんでした。1個1000円。写真を観たときは何個買うか、自分でも恐ろしくなる感じがあったのですが、FSKの写真を観たらそれほどのパワーはありませんでした。よかった。ハロプロの親心だな。

 


 

 

日本のドラマはほとんど観なくなったのですが、綾瀬はるか主演ドラマは観ないといけません。今度の『天国と地獄』はかなり凄いですね。『君の名は。』+『鬼滅の刃』だった。刑事と猟奇殺人の犯人が入れ替わって、たぶん恋愛するんだと思う。長野版『転校生』も入れてくるかな? TBS はときどきすごいのを作るんですよ。これは最後まで観ると思う。第1話はまだ TVer で観れますよ。

 

お風呂 Mac はやめよう!

いま、お風呂に浸かりながら K-POPの年間チャートをチェックしてました。つまんねーなー、とか言いながら洗面台に置いてあるジュースを取ったところ、後ろでボチャンという音が。あまりのつまらなさに Macが投身自殺。いや相変わらずクオリティは高いんですよ。でも変わり映えしないなって。どうしたものか。

慌てず騒がず、Macを引き上げ、タオルの上に逆さまにして置きます。慣れてるんです。最近はしなくなったけど、以前はコーヒーをよくぶち撒けてました。でも今回は完全水没。ここからが凄かった。Macがノイズを奏でだしたんです。いまも断続的になってます。まだ動く。K-POPの未来がそこにあった。ああ、どうしよう。。。

カジサック夫妻、カツオの叩きにハマる。

カジサック夫妻がカツオの叩きにハマっているそうです。今回は別の会社の物ですが、明神水産の方は大学時代にバイトでCM撮影に行ったので思い出深いです。漁港に船が戻ってくるとこから、カツオが工場に運び込まれ、捌かれて、焼かれて、最後に藁で燻製みたいに香りをつける撮影をしました。この最後の一つかみの藁がカツオの臭みを取って別物のうまさに繋がります。私はライト持って走ってたんですけど。帰りにお土産をもらいました。もちろんカツオの叩きです。研究室で開けたら冷凍だったので、なんだよ冷凍かよって毒づいたんですけど、食べてびっくりしました。京都からも何度か取り寄せました。また食いたいな。あっ土佐の塩丸。県外のお店で売ってたのを見つけ使っています。お肉を焼くときとか。美味しいです。

 

1月10日付 CD シングルBEST 5。

 

今日の昼、成田空港の近くのホテルのロビーでバスを待ってたら、ベトナム人集団に遭遇した。フロントでお弁当をもらってた。男女3人と話した。ホーチミン周辺から来たらしい。実習生として北海道の農場で働くと言う。まだほとんど日本語はできない。貧しいから働きに来てると思ってる人も多いけど、それは少し違う。日本で経験を積んでステップアップしたいと思って来てる。でも日本はもう外国人労働者なしでは回らない国になってる。それほど役に立つ技術は得られない。みんながっかりしてる。交流してくれる人もほとんどいない。高知に移住した当初は日本語教師のボランティアをしてたけど、生徒が集団ストーカーに協力させられるから辞めた。少しでもいい経験になるように協力したいけど。

 

 

 

2021年に入りまして、Spotify のリスト『アイドル楽曲派宣言6』をスタートさせています。まだそれほど新曲が多いわけでもないので、ライターさんたちが上げた昨年のアイドルソングのベストを参考に、色々集めました。平成もそうだったけど、2年(1990年)になってから景色が変わる感じがありました。例えば、ピチカート・ファイヴ『月面軟着陸』とかフリッパーズ・ギター『カメラ・トーク』とかスチャダラパー『スチャダラ大作戦』に出会った年です。メジャーでも、B'z やドリカムの大ヒット、たまもあったな。令和2年は色々変わった感じがします。今年もすごそう。

 

  

CY8ER の解散ライブのダイジェストが Youtube に上がってます。中継あるか前日に情報探したけどなかった。でも当日発表されたんです。見逃した。埋め込めないがリンクを貼っておきます。私も大好きな『マイライフ』でスタートしたんだよね。

https://www.youtube.com/watch?v=OZda4pEn4Zs

 

そうだ、のんさんの話。のんとも。M『ひなげしの花』のカヴァーやってる。保育園の頃、アグネスのファンだったんです。大人気だった。だからアグネス論争のときは悲しい気分になった。アグネスは結婚して赤ちゃんを仕事場に連れて行った。そしたら林真理子が連れてくるなと言って、大論争になった。いまならアグネスが勝てる。そういう話ではないか。香港が危機的状況ですから。私の好きな台湾の人たちも憂いているはず。早く台湾に行きたいな。

 

今週のアルバム1位は、SixTONES でした。『うやむや』いいじゃん。2位は YOASOBI、3位は嵐でした。他に、sumika宇野実彩子、などでした。

 

 

 

 

 

今週のシングル1位は、バンドリ関連のPoppin'Party でした。一方、握手会チャートには、アルテミスの翼、SIR、などが登場しています。

 

 

◉1月10日付 CD シングルBEST 5。

1位 Photograph / Poppin’Party(1.0万枚)

2位 最頂点Peaky&Peaky!! /Peaky P-key(0.7万枚)

3位 炎 / LiSA(0.6万枚)

4位 クラクトリトルプライド / 夏川椎菜(0.6万枚)

5位 THE IDOLM@STER SideM NEW STAGE EPISODE:08 High×Joker(0.4万枚)

 

 

宮台真司「記憶なき幸福は肯定されるべきか?」を語る。

NewsPicks で行われた宮台真司さんのインタビュー。非常に面白かったので、文字起こししようと思いつつ、ここまで放置していました。なんとキーワードは「記憶」です。イヤホンズ『記憶』を2020年の No.1ソングに選んだ私としてもシンクロを感じられてよかったです。人々が良きものを記憶しなくなった結果として、ひどい格差社会になっても助け合おうとすらしない世の中になってしまった。自意識の問題で、助けて欲しいとも言えない状況では、弱者の連帯も望めないと宮台さんは語る。その後、加速主義の話から「記憶なき幸せは肯定できるのか?」という話がされています。全体的に面白かったのですが、長くなるので宮台さんの発言の一部だけを文字化しておきます。

 

 

波頭:(前略、ここ30年の世界経済が成長してきたという説明後)思想的にはレフトから、ライトと言うよりかは保守への転換が来て。それってよく考えてみたら、保守が大事にするものって文化とか歴史とか、あるいは思想的にはナショナリズムに近かったりする話と、グローバリズム、効率、徹底的な自由って、根っこのところで矛盾してるんだよね。でも矛盾を続けることによって、何が見えなくなっているか? それは格差の問題なんだよ。格差が広がるのは自由主義的にしょうがないっていう風に。本当は家族だったり文化だったり、コミュニティだったりを大事にする保守主義だったら、救ってあげなきゃ。でも救おうとすると「レフトだ」って否定されて。その挙句、資本だけが(手を広げて)こんなに増大して。権力とお金とが一体化した。

宮台:全体はひどく面倒臭く結びついているんです。まず保守主義が消えたのは1980年代なんですね。僕は、映画批評家、音楽批評家、劇評家でもあるんですけど、そういう表現を観ててもわかるんです。間違いなく保守主義は1980年代にネオリベに変わったんです。どう違うかって言うと、波頭さんが仰ったように、保守主義って記憶の思想なんです。記憶の中にある良きものを保つんです。僕はそれを社会保守と呼んでるんですけど。ネオリベって言うのは記憶なき思想なんですよ。

波頭:そうだね。

宮台:だから、記憶の中に良きものはもうないの。それは彼らが悪いのではなくて、記憶の中にある良きものを、ある種の共有、シェアされるような形で持たなくなってしまった。これはさっきのマックスウェーバー的な意味での「パンシステマイゼーション」が進んだからなんですよね。そうすると、今の若い人たちみたいに「友達つくるにはどうしたらいんでしょう?」。聞いたときに絶句したんですよね。「困ってる人を助けたら、自動的にもうなってるじゃん! なんでそんなこともわかんねーの?」。そういう人たちがもう若い人の8割、9割と考えていいんです。

佐々木:うん。

宮台:でそういう人たちって、当たり前だけど、保守主義を名乗ろうにも、コンサーブするべきコモンズとか、いわゆる良きものを知らないんだもの。そうなると「勝ち組になるのはいいなあ」とか「負け組になるのは嫌だな」とか。そういう浅ましくさもしい根性の中だけで・・・僕の言葉で言うと、未来に閉ざされていて、その鉄の檻の中で、死ぬまで孤独に戦えよ!、そういう奴らばかりになっているのが現実なんですね。

 

(中略)

 

宮台:(前略)ローザルクセンブルグは、都市の矛盾を最大化させるために、資本主義を加速させろと言っている。それはマルクスのメッセージにある一部分を取り出して強調してるんだけど。「徹底的にダメになっちまえ!」という思考なんです。僕もその影響を受けているから「どうせダメになるなら、徹底的にダメにならなきゃダメだ。だから安倍政権、4期目あればいいな」ってずっと言ってたし。菅政権誕生を心から喜んだんですよ。この思考って、アメリカの加速主義って言われる中で、先取りされていて。そのことが実はディストピアの告知になっている、そのことを理解していただきたいんです。

波頭:うん。

宮台:つまり、茹でガエルにならないためには、崩壊が加速した方がいいんです。しかし、加速した後に、どういった社会になるのかってとこで分岐があってね。分岐の片方をブーストしているテクノロジストたちがいるんです。典型的なのはピーター・ティール(PayPal 創業者)。(一同笑い)

宮台:ご存知のようにポリネシアに人工洋上国家をいま作りつつある人だけども。彼は元々社会変革が嫌いなんです。もっと言うと、彼は人間は基本的にクズだと思ってるんですね。クズが作った法律や制度によって、社会がよくなるはずがない。ある意味で、石原莞爾北一輝にも通じる面があるんだけど。

波頭:ああ、そうだね。

宮台:実はその後が面白くて、制度による社会変革は無効であるが、そこを技術による社会変革によって埋めるのである。だから制度によって人々が幸せになることはない。あっ、この人は主意主義かと思うと、そこに主知主義的なテクノロジーが出てきて、ドラッグとサイバースペースさえあれば、脳内物質のコントロールで、人はいくらでも幸せになる。再配分によって物が豊かになり、蓄財の享楽や散財の享楽、これは脳内物質の問題だから。再配分なんてなくたって、それを促す政府なんてなくたって、ドラッグとゲームがあれば大丈夫でしょ、みたいに言う。これは本当なんですよ。本当というのは、実際に我々の脳内の快楽を見ると、そういう構造があるんだけど。そこから先がよく考えるべき問題でね、オウム真理教のときに、朝生で言ったと思うけどね。長い修行を経て、法悦、ニルヴァーナに到達するのと、電極と LSD によって「法悦」に達するのと、これは同じことなの?って問題。

佐々木:うんうん。

宮台:修行には記憶がつきものでしょ? あるいは記憶によって裏打ちさえた実感が伴うわけだけども。脳内物質のコントロールは記憶に関係ないんだよね。だから、我々が記憶と無関係に幸せになって良いのかというのは、人倫上の本当に大問題なんですね。

波頭:それで記憶って単語をキーワードにされてたんだね。わかった。

宮台:そうです。そうです。なので、放って置くとテクノロジストたちは本当に頭がいいので。いま、プラットフォーマーもそれなりにヘゲモニーを持っているという状況では、本当にピーター・ティール的な社会観、世界観に基づいて、我々は今度はテクノロジーの奴隷になる。そういう状態はほんの間近に迫っている可能性もあるんですね。

佐々木:うん。

宮台:これはもっと言うと、幸せ、不幸せで言うとね、「佐々木さんが不幸せなのは、社会が悪いからじゃなくて、飲んでる薬が悪いんだよ。やってるゲームが悪いんだよ」。

佐々木:(笑いながら)そうですね。

宮台:そういう風に心理学化されてしまうんですよ。

 

私は「加速主義って楽観的なのでは?」と考えていました。やっぱりディストピアなんですね。茹でガエル的に、ゆっくり悪化することで、死ぬまで気づかないのも問題ですが、蛙のように熱いと言って飛び出すとも限らない。落ちるとこまで落ちても、それに反発する人は少ないのでは?と思っています。だからと言って、それに変わる方法があるわけでもないのですが。難しいですね。「意味」と「強度」やっぱり両方必要なんですよね?

「分散型オウム」という完全犯罪はあり得るか?

 

集団ストーカーのマイクロ波攻撃で寝れません。すぐに起こされるのです。それで「分散型オウム」という言葉を思いつきました。サリンのような即効性の猛毒ではなく、微量の有害物質を長期間にわたり吸わせることで、内臓にダメージを与えていく。いま私がやられていることです。タバコを吸わないのに、マスクがタバコ臭くなる。これは異臭攻撃の長期化、つまり「時間」の分散によって脱法する手法。異臭は日によって種類が違うようで、タバコ臭のときもあれば刺激臭のときもあります。タバコ臭はそれだけでなく生臭さも混入しており、衣類についたその臭いで周囲に迷惑をかけます。刺激臭は目や喉へのダメージがあります。

 

そして、微量なマイクロ波による脳へのダメージの蓄積。これも「時間」の分散による脱法の手法。これは体力を奪われることと、理性を失わせる効果があるようです。自殺、もしくは暴走による自滅に繋がります。それから「犯罪」を霧散化する手法。私と関わろうとする人々に「お前や家族もターゲットにするぞ」と脅すことで、私を孤立させること。これは集団ストーカーへ加担する人を増やすことで、「犯罪」を分散させて極限まで罪を軽くする手法です。戦争と同じで関わる人が増えれば、小さな罪を問えなくなるでしょう。

 

今日もそうでしたがストーカーは平気で顔を晒します。それが可能なのは「分散型オウム」とでも呼ぶべき手法によって罪が問えないからだと思うのです。恐怖で人々をコントロールする手法。被害者がかなりの数いるにも関わらず、それが無いことにされている。完全犯罪は可能であることを、集団ストーカーの存在が証明しています。

 

文学フリマ京都、今年は中止。

 

残念です。今週末に予定されていた文学フリマ京都は、コロナの状況を考えて、中止が決定しました。先週、頭がヤバかったときに発表されていたんです。そのとき京都に行くのはやめて東京行きの飛行機を予約したんですけど、完全にいかれてて東京から高知に飛ぶチケットを予約していました。いつもより早い時間に着くと喜んでました。

 

ですが、本日も図書館に行って『「孤独と暴走」マーダーケイスブック』を書いてました。1989年の宮崎勤の事件あたりから動機が不明瞭な事件が相次いで起こったのです。その事件を知ること、その事件について書かれた本を読むことは、息苦しい現在について考える上でもかなり有益だとわかりました。その中の1冊として、今日は都築響一『TOKYO STYLE』(1997年)をあげておきます。宮崎勤の事件は「おたく」という言葉を世界に広めた事件でもありました。そして、その言葉と一緒にあるイメージが拡散されたのです。それは宮崎の部屋でした。窓が見えないくらいビデオと雑誌が積み重なった部屋。その気持ち悪さに多くの国民が過剰反応し、オタクを断罪したのです。

TOKYO STYLE (ちくま文庫)

TOKYO STYLE (ちくま文庫)

  • 作者:都築 響一
  • 発売日: 2003/03/01
  • メディア: 文庫
 

 

人生で何度か「宮崎の部屋じゃん!」と言われたことがあります。いまこの文章を書いている机の上にも何10冊という本やマンガが積み重なっているのです。都築さんは「お部屋」に興味を持ち、東京に暮らす(オタクではない)若者たちの部屋を撮影して1冊に仕上げました。それはベストセラーになっています。そしてコロナ禍のなか、その本の続編とも言うべき写真集が発売されました。なんと、今回のテーマはアイドルだったのです。当然「お部屋」をテーマに歌ってきた Maison book girl からもメンバーが登場しています。矢川葵さん。サクライケンタさんのお部屋もあったらいいのにな。都築響一『 IDOL STYLE 』発売中。

IDOL STYLE

IDOL STYLE

  • 発売日: 2021/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)