ハノイの日本人

アイドル、ジャニーズ、サッカーなど。

文学フリマ大阪で販売予定だった冊子を無料公開。

 

一人で行く。

マジカル・ミステリー・ツアー Vol.1

 

 

はじめに

京都アニメーションの放火殺傷事件をどう受け止めていいかわからなかった2019年末、2020年1月に開催される文学フリマ京都に出品する作品として、「特集1」に取り上げたアニメ映画の読解を書いた。その中から「孤独と暴走」というテーマが見つかり、現実に起きた事件との関連を読み解く今回の文章を書いた。

 

実は「特集1」の文章は、ある批評本の原稿募集に応えて書いたものだ。映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開前、2月末に提出している。だが連絡が取れなくなった。原稿がボツになったわけでもなく、応募した他の人たちも不思議がっている。その企画がなかったらこの文章は書いていなかったかもしれない。だから感謝する部分もあるのだが・・・ とにかく、この文章を世に出すために、今回の冊子を作った。3本ともここでしか読めない文章だ。

 

坂元裕二脚本のドラマや、サクライケンタが作詞・作曲した Maison book girl の楽曲は大好きだ。ブクガの4人は「なぜこのテーマで私たちが?」と戸惑いながらも、最後までやり切ってくれた。素敵な体験をさせてもらった。大好きな作品について文章を書くのは、私にとって何よりも楽しいことなのだ。今はそれを楽しみに生きていると言ってもいい。読者にも一人の部屋で楽しんで欲しい。(脇田 敦)

 

 

特集1. アニメ映画は繰り返し「孤独と暴走」を描く。

 

1. 映画『未来のミライ』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/08/31/011354

2. 映画『エヴァンゲリオン劇場版』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/08/31/211246

3. 映画『天気の子』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/02/162638

 

 

特集2. 映画『花束みたいな恋をした』

   坂元裕二とイヤホンの寓話 ー

 

1. ドラマ『カルテット』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/03/154144

2. ドラマ『大豆田とわ子と元夫』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/04/224050

3. 映画『花束みたいな恋をした』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/05/164115

 

 

特集3. 消えたアイドル Maison book girl

 

1. Maison book girl が突然消えた。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/07/234318

2. Maison book girl 消失までの道のり。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/08/005635

3. 宮崎勤と平成アイドルブーム。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/10/004418

 

 

納豆さん、またまた快挙。

 

納豆がすごいニュースって時々登場しますよね? 私も週3くらいで納豆は食べてます。ホテルで泊まってても冷蔵庫には納豆が入っています。今回は新型コロナに納豆抽出液が効いたというニュースです。記事は下にあるので実際に読んでほしいですが、残念ながら食べて新型コロナを防げるかは不明です。スーパーで買い占めはやめてください。でもこういうところから新たなワクチンが開発されるかもしれないですし、期待したいですね。

 

 

ハノイに住んでた時に、どこかの大学の実験がニュースになったことがありました。ベトナムは農業国なので、ため池もたくさんあります。でも暑いので池の水が汚れてるんです。深緑色で臭いもかなりする。そこで日本から来た研究者たちが納豆数キロを池に投入。数時間で苔は沈澱し、水が綺麗になったんです。納豆凄すぎ。ベトナム人が喜んでる写真が掲載されてました。その記事は見つからなかったけど、日本でやった記事はありました。確かに大阪の大学だったかもな。

 

 

佐藤優樹さん、卒業発表について。

 

モーニング娘。で一番人気のメンバー、佐藤優樹さんの卒業が発表されました。なんて書いていいかわからない。ずっと「ライブやれー」と書いてたわけですが、人気メンバーの卒業とセットで開催決定です。嬉しくない! 11月15日にはアンジュルム笠原桃奈さんの卒コンが武道館で開催されます。11月24日には横浜アリーナ高木紗友希さん不在の幻の卒コンが開催されます。そして最後に12月13日は武道館で佐藤さんの卒コンが開催されるわけです。チケット取れないでしょう。せめて5万円くらいすればチャンスもあるだろうに。いつもと同じ価格とは。

 

2010年代のアイドルブームの間、ハロプロは音楽番組に出演できませんでした。その間、とにかくライブを続けることで自力をつけてきた。トップクラスのチケット料金を取っても、全国の会場を埋めてきたわけです。しかし、令和に入ってから様子が違ってきました。テレビ出演は増えてきたのですが、その一方でライブは激減したのです。卒業メンバーのなかったモーニング娘。のライブは2年振り。なぜそうなるのか? 

 

 

佐藤さんはもの凄く勘のいいタレントです。卒業したあとは、彼女にある程度プロデュースを任せてほしいです。お金が必要であればクラファンでもすればいいし。きっとかなりの額が集まるはず。佐藤さんのトンデモないアイデアを見事に着地させる優秀なクリエイターを集めて、ファンを驚かせてほしいです。

 

 

まる2日間、ずっと文章を書こうと思いつつサッカーに逃げてました。すごい試合がたくさんあった。しかし、ITZY の新曲 MV を観て、やっと元気が出てきました。やっぱり K-POP を倒しに行きましょうよ。これを観てもわかる通り、アイドルってすごいメディアなんです。拡散する力がすごい。日本がかつて世界に発信した「カワイイ!」は K-POP によってとっくに更新されています。日本の貧乏臭さとは圧倒的な差があります。なぜこんなに差がついたのか? やっぱりライブで勝負するべきだと思うけどな。

 

9月19日付 CD シングルBEST 5。

 

小山田圭吾さんの謝罪文が話題になっています。もの凄く真摯に向かい合ってられますよね。英文まである。それでも叩きまくるメディアがあります。本当に謝罪文を読んだんでしょうか? いじめをなくす方で報道機関が頑張るならいいのですが、もう有名人いじめでしょう。そんなメディアさっさと潰れればいいのに。

 

 

今週のアルバム1位は、桑田佳祐でした。いいですね。筒美京平・追悼なのかな? 2位はスピッツの再発、3位は Official髭男dismでした。他に、TrySail、ジャックジャンヌ、EXIT、SparQlew、ATEEZ の輸入盤、九州女子翼、MIYAVI、NCT 127 の輸入盤、砂原良徳の再発、などが登場しています。

 

 

 

今週のシングル1位は、Kis-My-Ft2 でした。一方、握手会チャートには、チャン・グンソク放課後プリンセス、HaSH、祭nine.、バクステ外神田一丁目、TA女子、fishbowl、Kaede、などが登場しています。

 

 

◉9月19付 CD シングルBEST 5。

1位 Fear / SO BLUE / Kis-My-Ft2(13.0万枚)

2位 korekara / 岩田剛典(4.7万枚)

3位 Happy! / 森を抜けて/氷川きよし(1.5万枚)

4位 ケアレス / ClariS(0.5万枚)

5位 We Just Go Hard feat.AK-69 /EUPHORIA / KAT-TUN(0.3万枚)

 

 

YANO MUSIC FESTIVAL に行ってきた。

 

BEYOOOOONDS 素晴らしかったです。「ハロプロから抜けるチャンス」と今年の夏は密かに狙ってました。文句言いながらファン続けるの辛くて。徐々に減らす方向で頑張ってた。だってグループでちゃんとライブやるの観れないなら、他に行った方がいい。でもダメだった。昨日、ZEPP東京で YANOフェス観て、BEYOOOOONDS の素晴らしさに改めてヤられました。よかった。今回はバンド演奏で歌ってくれました。1月の配信のときにここで文句を書いたんです。「せっかくバンド演奏で歌えるチャンスなのに!」って。

 

1曲目は音がイマイチだった。12人分もマイクあったら厳しいか? でも『元年バンジージャンプ(令和3年バージョン)』からはいい感じ。12人揃ってめちゃパワフルでした。最高だった。これは観れて本当によかった。本当にいいグループだ。『アツイ!』はベースが気になって、歌が耳に入ってこなかったw  なんかツボに入ったみたい。とにかく面白かった。演奏が素晴らしいので、フェスの最後まで楽しく観れました。

 

 

このフェスは矢野博康さんプロデュースで、11年前からやってるのかな。豪華でしたよ。南佳孝さんもいれば、堂島孝平土岐麻子、星屑スキャット堀込泰行NONA REEVES眉村ちあき南波志帆、などなど。知らなかったけど、ZEPP東京って来年の元日で閉館なんですね。まあ正直、音響的に厳しい。それでもこの日の音響さんは頑張ってくれました。ただ、気になったのは、マイクの声のノリがいい人とイマイチな人がいますよね。あれは本人が希望するバンドサウンドとのバランスで違うんでしょうか? ぜんぜんこちらに歌唱が響いてこない時がありました。土岐麻子さんはすごくきっちりマイクに乗せて歌ってる。南佳孝さんもずっとあの声で歌えているのも凄かったなw とにかく行ってよかったです。矢野さんありがとう。

 

京都サンガ、伊東四朗、神田伯山。

 

京都サンガ VS モンテディオ山形を観に、山形にきました。結果は2−0で京都が勝ち、磐田が引き分けたため首位に返り咲きました。でも山形はいいサッカーしてますよね。結果的には2−0ですけど、前半の感じだと0−2で京都が負けてもおかしくない試合でした。でもまあ今季の京都、ここ1番の試合は、絶対に負けない感じもありますよね。粘り強く勝ちました。面白い試合だったな。

 

 

ここ数試合で、飯田選手や荻原選手がゴール前でハンドを取られることがあったんです。でも全くネガティブな印象を受けなかった。ゴールを守るために身体を投げ出し、それがたまたまハンドになってしまった。前節もGK若原選手の好セーブ、この試合でもバイス選手の神業的なディフェンスがチームを救っていました。戦えるチームになっていますよね。

 

しかし、山形の攻撃怖かった。京都の4バックに対して、左右のウイングがサイドに張って、そこにつく飯田選手と荻原選手が釣り出される。中央にヴィニシウスがいるので、センタバックの2人も真ん中に寄る。いわゆるハーフスペースがそこで開く。そこに中盤の選手が入り込んでくる。チャンスはかなり作られました。しかし、3位以下は勝ち点で10以上開きました。得点パターンも少しずつ増えてきてますし、昇格が見えてきました。もちろん、昇格だけが目標じゃありません。J1で通用するサッカーをしないといけない。まだまだ準備が必要でしょう。今後の試合でもその辺りは見せてくれると思います。

 

山形の NDスタジアム。周囲には試合開始2時間前でも人がたくさんいました。以前来たのは何年だったろう? サンガの東京圏在住サポのバスツアーがあって、連れてきてもらったんです。雨が降ってて寒かったのを覚えてます。磐田に5点取られて負けた試合もバスで行ったな。その頃よりずっと山形は盛り上がってますね。食べ物も充実してたんですが、昼食で麦茶を2口飲んでしまい、スタジアムに着いてからは気分が悪く何も食べられませんでした。グルテン過敏症なんです。このスタジアム、西京極に似てますねw 同じ設計家? 駅までの帰り道、なぜか住宅街に入り込み、道に迷いました。電車が1時間に1本だから焦りました。昼間と感じが違いわからなくなったんです。山形駅までのシャトルバス出して欲しいよ。アウェイ感かなりありました。スタメン、場内アナウンスしてくれないとかね。

 

 

水道橋博士Youtube番組、面白いのでちょくちょく観ています。今回は伊東四朗さんへのインタビュー。芸の道に入ったところから『電線音頭』の話まで。ちょうど『電線音頭』をよく聴いてるんです。昨年『日本列島やり直し音頭』をよく聴いてたので、今年も何かいい音頭がないかと探してたらこれが見つかって。私は『桂三枝の電線音頭』を Spotifyの『アイドル楽曲派宣言7』に入れたんですけど、もともと桂三枝がやってたネタだそうです。驚きました。子供の頃『見ごろ食べごろ笑いごろ』を私も観てましたが、全然知らなかった。キャンディーズがコントをやってた伝説的な番組です。下の動画を観てください。伊東さんは1年しかやってないと言ってますが、毎週毎週1年もこれやってたわけです。さすが昭和、狂ってるw

 

 

そう言えば、書いてなかったけど、爆笑問題のタイタン・シネマライブで神田伯山さんの『慶安太平記』を観ました。ちょうど冊子の締め切り前で感想書いてなかった。大迫力だった。話の内容自体もすごくて、由井小雪が幕府を転覆させるための軍資金をメチャクチャな方法で集める話(あってるかな?)。ある人物を生贄にして見世物にし、強欲な奴らからお金を巻き上げる。最初から全部を観たいと思いました。本当は翌週の尼崎ので観れたらと思ったんだけど、チケットが取れず、ちょうど映画館で観れるということで楽しみにしてました。アルコ&ピースさんが出た回も観に行ってた。このときも面白かった。

 

伯山さんは、講談にはもっと年齢が上がってからの方がいいと言われています。どういうことだろうと思ってましたが、今回観て気づいたことがありました。確かに、前半部分はもっと声が枯れた方がいいのかもしれないです。つまり、これから何年も楽しめるということ。なんかスキャンダルでも起こして、チケットが取れやすくなったらいいのにw  嘘ですよ。強欲な人間は焼かれるからな。いずれ生で観れるチャンスも来るでしょう。待ちます。そうそう、伯山さんも登場する『未来のミライ』について冊子で書いてます。読んで欲しいな。

 

これでも観て和んでください。

 

世知辛い世の中で本当に嫌になるよね。これでも観て和んでください。

 

 

最近、ipad 使ってるとシルバニアファミリーの広告が表示されます。「オレが買うとでも思ったか?」と無視してたんですけど、気がついたら何度かその言葉を使っています。なぜこの広告が表示されるか、だんだん気になってきました。誰かが勝手に私のクレカで大人買いでもしてるのか? 今日になってわかりました。xiangyu『MANHOLE』に「オイラも誰かのシルバニアなの?」という歌詞が登場するからです。この曲を何度も聴いてるからシルバニアの大ファンだと思ったらしい。ipad 油断ならんな。

 


9月12日付 CD シングルBEST 5。

 

昨日の川崎の敗戦は悔しかった。今日も ACL ベスト16 を観てたんです。セレッソ大阪 VS 浦項。残念ながら0−1で負けました。これがね、例の戦術「同サイド圧縮」でやられてました。結構だるい試合で25分に1点取られてからは前半寝落ち。後半セレッソは、引き気味の浦項の左サイドに寄せられてて、乾なんかもどんどん中央を越えて入ってくる。狭いサイドに集められる。じゃあ、スペースが広がっている浦項の右サイドなら深いとこ取れるかと言うと、パススピードが遅いのもあるけど、82番のパラシオスという選手が手強く、まったく効果的な攻撃ができない。まんまとやられてる感じでした。選手交代も遅い。西川や大久保が出てきてからはチャンスも作れたんですけど。将棋でも「定石」ってあるじゃないですか? 現在存在するサッカー定石の対処法を押さえてるだけで、全然違う気がするけど。どうなん?

 

今週のアルバム1位は、ヒプノシスマイク関連CD でした。2位は Offcial髭男dism、3位は26時のマスカレイドでした。他に、クレージーケンバンド、ドラマ『REAL⇔FAKE』関連CD、上原ひろみ、Gacharic Spin、ZERO GRIP、KREVA横浜銀蝿40th、STAYC の輸入盤、Hakubi、などが登場しています。

 

 

 

今週のシングル1位は、KAT-TUN でした。こういう感じで音作りできる人たちに任せればいいんですよ。あとは曲調に合わせて声を作る必要がありますよね。一方、握手会チャートには、KissBee

 

 

◉9月12付 CD シングルBEST 5。

1位 We Just Go Hard feat.AK-69 /EUPHORIAKAT-TUN(20.5万枚)

2位 Merry-Go-Round / MAN WITH A MISSION(1.8万枚)

3位 Edel Lilie(Last Bullet MIX)/アサルトリリィ Last Bullet(1.1万枚)

4位 THE IDOLM@STER SHINY COLORS L@YERED WING 06(1.0万枚)

5位 HADASHi NO STEP / LiSA(1.0万枚)