ハノイの日本人

アイドル、ジャニーズ、サッカーなど。

文学フリマ大阪で販売予定だった冊子を無料公開。

 

一人で行く。

マジカル・ミステリー・ツアー Vol.1

 

 

はじめに

京都アニメーションの放火殺傷事件をどう受け止めていいかわからなかった2019年末、2020年1月に開催される文学フリマ京都に出品する作品として、「特集1」に取り上げたアニメ映画の読解を書いた。その中から「孤独と暴走」というテーマが見つかり、現実に起きた事件との関連を読み解く今回の文章を書いた。

 

実は「特集1」の文章は、ある批評本の原稿募集に応えて書いたものだ。映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開前、2月末に提出している。だが連絡が取れなくなった。原稿がボツになったわけでもなく、応募した他の人たちも不思議がっている。その企画がなかったらこの文章は書いていなかったかもしれない。だから感謝する部分もあるのだが・・・ とにかく、この文章を世に出すために、今回の冊子を作った。3本ともここでしか読めない文章だ。

 

坂元裕二脚本のドラマや、サクライケンタが作詞・作曲した Maison book girl の楽曲は大好きだ。ブクガの4人は「なぜこのテーマで私たちが?」と戸惑いながらも、最後までやり切ってくれた。素敵な体験をさせてもらった。大好きな作品について文章を書くのは、私にとって何よりも楽しいことなのだ。今はそれを楽しみに生きていると言ってもいい。読者にも一人の部屋で楽しんで欲しい。(脇田 敦)

 

 

特集1. アニメ映画は繰り返し「孤独と暴走」を描く。

 

1. 映画『未来のミライ』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/08/31/011354

2. 映画『エヴァンゲリオン劇場版』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/08/31/211246

3. 映画『天気の子』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/02/162638

 

 

特集2. 映画『花束みたいな恋をした』

   坂元裕二とイヤホンの寓話 ー

 

1. ドラマ『カルテット』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/03/154144

2. ドラマ『大豆田とわ子と元夫』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/04/224050

3. 映画『花束みたいな恋をした』解読。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/05/164115

 

 

特集3. 消えたアイドル Maison book girl

 

予告

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/07/030947

1. Maison book girl が突然消えた。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/07/234318

2. Maison book girl 消失までの道のり。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/08/005635

3. 宮崎勤と平成アイドルブーム。

https://hanoisan.hatenadiary.jp/entry/2021/09/10/004418

 

 

日本、危なげなく勝利し2位キープ。

 

 

中国、思ったよりも怖くなかったですね。2−0で危なげなく勝利したので、私は何も言いません。中国には勝つだろうと思ってました。ですが、重要なのは来週火曜日にあるサウジアラビア戦です。現在1位のチーム。そして、少し空いて3月24日にあるアウェイ・オーストラリア戦。この2試合を1勝1分で乗り切れたらワールドカップに出場できそうです。しかし、サウジ戦に勝てなかったら森保監督は解任して欲しいな。誰を監督にするかは難しいけど。実は森保監督、解任派と擁護派は、密かに闘っているのです。昨日出た『footballista』の森保ジャパンを振り返る対談記事です。

 

これまでの試合のダメな部分をたくさん指摘されてるんですけど、それが批判にならずに、完全に森保監督を擁護する記事になっているんです。驚きました。でも、サウジに勝ったら、内容云々は別にして、嫌でも森保監督を受け入れることになるでしょうね。つまらないサッカーはそれだけで害があると思うんですけど。DAZN のせいで地上波中継がなくなったのではなく、視聴率が下がってスポンサーがいなくなったから地上波中継がなくなったんですよ。あっサウジ戦もホームなので地上波中継あります。

 

 

私は本日も Leo the footballさんの解説を聴きながら、試合中継を観ていました。結構、話されている内容は理解できるようになりました。ただ、解説聴きながらだと、自分で考えなくなるので、2回目観るときは解説なしで観るとかしないとな。

 

 

一方、なでしこの ASIA CUP は自分で観ています。DAZN の解説(大野さん、岩清水さん)は面白く聴けたのですが、戦術的なことは自分で考えるという意味です。前半始まってすぐに植木選手のゴールが決まり先制しました。しかし、そこから点が入らない。相手はゴール前に5−4のブロックを敷いています。ワントップはなでしこのセンターバック2人にプレスをかけに来ますが、それほど怖くない。だから韓国が後ろに重い前半のうちに2点目が欲しかった。長谷川選手は相手5−4のライン間に入ってパスを受けに行くのですが、他でそのようなプレーをしてる選手がいません。ビルドアップでパスコースを作る配置を準備できていない。これが後半の失点につながりました。

 

相手最終ラインにプレスをかけるのも長谷川選手だけでした。それに連動する選手がいない。ボールを奪い切るという指示は出ているのに、どこでボールを奪うのかが決められていないようです。後半の韓国はマンマーク気味にして、前からプレスをかけて来ました。ここでフリーの選手を見つけることが出来ず、GK は前に大きく蹴らされる。それで再び相手の攻撃を受ける。なでしこは押し込まれ出したのです。そんな中での失点でした。

 

とは言え、引き分けたことでグループリーグを1位通過。次戦は1月30日(日)17:00キックオフ。対戦相手はタイかな? 決勝までは行けそうですね。

 


シティポップブームってどうなの?

 

 

高橋芳朗さんが出演した TBSラジオ『アフター6ジャンクション』の文字起こしを読みました。面白かったです。テーマは「The Weekend『Out of Time』と日本シティポップサンプリングの流れを語る」です。まずは上の2つの動画を聴き比べてください。現在のトップとも言える人気シンガーが、亜蘭知子『Midnight Pretenders』をそのまま使って、ほとんどカヴァーと言っていい楽曲を発表、それが世界でヒットしてる。これはどう受け止めればいいのか? シティポップブームとは距離を取って、ここでは触れずに来たわけですが、考えざるを得ない・・・のか?

 

 

ここで高橋さんは2017年からの流れを紹介してくれています。それ自体は面白いです。でも私は当時から複雑な気分でした。もちろん、サンプリングで使用された曲はいい音楽ではあると思います。大好きなのもある。でも海外で評価されたからと言って、今更どう反応すればいいのか? それに宇多丸さんも言ってる通り、日本のミュージシャンはアメリカの音楽を一生懸命真似してきたわけだから。それを取って「ニッポンすごい!」とはならないでしょう。そろそろ欧米の音楽の方が煮詰まってる? もしくは、日本の70年代、80年代のサウンドは世界中の人々に取ってノスタルジーを掻き立てるものなのか? 

 

 

1月23日付 CD シングルBEST 5。

 

本日は中野サンプラザで行われたアグネス・チャンの50周年ライブに行ってきました。凄くないですか? 17歳で香港から日本に来て、半世紀が経ってもまだアイドル衣装でステージに立たれているんです。66歳アイドルの2時間ライブに感動しました。1971年に南沙織『17才』でアイドルが誕生し、その次の年にアグネスは日本デビューします。香港では中学生のときに歌い始めました。フォークソング・クラブに入部し、最初に歌ったのはスティーヴィー・ワンダー『A Place In The Sun』だったそうです(ライブでも少し歌った)。そして、貧しい人々に食料を届けようと、ボランティアで歌い出したジョニ・ミッチェル『The Circle Game』が話題になり、スカウトされてレコードデビューします。

 

最初はフォークギターを演奏しながら洋楽を歌うシンガーでした。それがヒットして、『アグネス・チャン・ショー』という自分の番組を持った。そこに平尾昌晃がゲスト出演。平尾さんが日本に帰国後、こんなシンガーが香港にいると方々で話したことで、渡辺プロがスカウト。1972年に『ひなげしの花』でデビュー。大ヒットします。本人的には「なぜこんなことに?」とアイドル売りに困惑したそうです。いまでは作曲を手掛けてもいます。このライブでは、こちらもアイドル界の偉人の一人、山川恵津子さんがアレンジを担当、ステージにも立たれていました。

 

中島みゆきのカヴァーもいいけど、それを歌うならリン・ミンメイ『愛・おぼえてますか』を歌ってほしかった。マクロスに登場するこのヒロインは、アグネスがモデルでしょう。この曲と同じ年にアグネスも同じ作家、安井かずみ加藤和彦で『愛のハーモニー』を出してます。アグネス・チャンの中国読みがチャン・メイリンです。あとチェルシーのCMソングも歌ってくれました。

 

 

 

さて、27日(木)は、なでしこの韓国戦が 17:00からDAZNで中継。来年のワールドカップに出場するためには、ここで引き分け以上の結果が欲しい。エース岩渕も復帰するそうです。大丈夫でしょう。男子の日本代表は埼玉で中国戦。テレ朝系、DAZN、19:00キックオフです。こっちも中国戦は大丈夫でしょう。

 

 

 

 

今週のアルバム1位は、ENHYPEN の輸入盤です。2位は すとぷり関連の莉犬、3位は優里です。他に、Girls2、マカロニえんぴつ、藤井風のリミックス、鞘師里保、などが登場しています。

 

 

 

今週のシングル1位は、ジャニーズWEST でした。一方、握手会チャートには、円神、クマリデパート、Very Merry、LUVネオガールズウェイブ、虹のコンキスタドール、などが登場しています。

 

 

◉1月23付 CD シングルBEST 5。

1位 黎明/ 進むしかねぇ / ジャニーズWEST(19.5万枚)

2位 限りなく灰色へ/ アイディスマイル / 25時、ナイトコードで。(2.5万枚)

3位 ドープ / あっとくん(1.1万枚)

4位 残響散歌/ 朝が来る / Aimer(0.9万枚)

5位 ごくつぶし / ザ・クロマニオンズ(0.8万枚)

 

今週は日本代表の中国戦があるよ。

 

ここ数日、大地震があったり、本田圭佑選手がやってきたりと話題の高知です。地震の方は日本列島全体が活動期に入っているようで準備が必要ですね。南海トラフの大地震は間違いなくやってきます。本田選手の方は、子供のスポーツ格差をなくすために Jリーグチームのない地域を回っているとのこと。いっそのこと高知ユナイテッドの運営もやってくれればいいのに。もちろん選手としても。JFL でカズ VS 本田が観れたら盛り上がること間違いなし。

 

 

今週、来週、ワールドカップ最終予選の2試合があります。まずは 1月27日(木)に中国戦、2月1日(火)にサウジアラビア戦です。ここで1つでも落とすと、次は2位争い中のオーストラリア戦ですから勝っておきたい。熱い戦いになりそうです。両方とも埼玉で行われるホーム戦なので地上波で放送されます。既に代表メンバーは発表されていますが、ここにきて立て続けに怪我での離脱が起こっています。キャプテン吉田麻也選手の離脱が既に発表されていましたが、今度はその相棒としてセンターバックを務める冨安健洋選手も怪我で不参加となりました。アーセナルで活躍するスター選手が来れない。残念がるファンも多いことでしょう。

 

東京オリンピックと日本代表で森保監督に酷使された選手が4人中3人怪我したわけですね。酒井宏樹選手は昨年のうちに怪我していますが。それを思うと遠藤航選手のタフさが際立ちます。今回の日本代表メンバーの発表では「またいつメンかよ?」とネット上では騒がれましたが、結果的にセンターバックは川崎の谷口選手、そして、追加召集された名古屋の中谷選手がスタメンに並ぶかもしれません。川崎コンビで谷口、板倉というのもあるのか? 中国は広州恒大のデフォルトでブラジル人選手も来ないと言われていましたが、急遽参加が決まり、選手たちは日本に向かっていました。しかし、乗り継ぎ先のオランダからの飛行機がキャンセルされてたそうで、22時間も空港のベンチで足止めを食らっているようです。これだからワールドカップ予選は楽しいよね!

 

 

日曜日に開催予定だったハロプロの名古屋でのライブが中止になりました。中学生のメンバーが当日の検査でコロナ陽性だったそうです。しかし、若い子は重症化するわけでもないのに、風邪にも満たない程度で中止にするのはどうなのか? 検査すればするだけ感染者数は増えます。イベントを中止するために検査してるみたいです。無症状者も多いんだし、そこはもう少し緩和していいのでは? 

 

BEYOOOOONDS『『英雄~笑って!ショパン先輩~』。

 

 

今日はすごい日だった。まず 17:00から、なでしこジャパンがインドで開催されている  ASIA CUP の初戦をミャンマーと戦いました。相手は格下ですが、この大会がワールドカップ予選も兼ねているので、監督が代わったこのチームの最初の大事な試合となりました。結果は5−0で勝ちましたが、正直、まだまだこれからのチームです。相手のシュートはゼロだった。でも圧倒した割には・・・戦術を感じさせるサッカーではなかった。単に相手との力の差が出た試合です。

 

今回はエースの岩渕真奈選手がインドに入国してからコロナ陽性発覚という、波乱の幕開けでした。だから結果を素直に喜ぶべきかもしれない。岩渕選手は無症状なので決勝トーナメントには戻ってくるでしょう。この試合ではっきりと違いを見せたのは長谷川唯選手。クロスに得点に大活躍でした。完全にチームの中心ですね。決勝まで行くと、中2日で6試合もあるので、3−0で交代していいと思ったんですけど、最後までプレイしました。ベトナム戦で休ませたりするのかな? そうそう、今回の試合中継はすべて DAZN 独占です。課金しよう!

 

 

なでしこのキックオフと同じ頃、Jリーグ2022年シーズンのスケジュールも発表されました。全試合の日程が発表されたのです。なぜ同じ時間に? ルヴァンカップもあるから、スケジュール帳がいっぱいになりますね。それだけじゃなく、ハロプロのコンサート日程も発表されました。2年間ずっと◯◯なコンサートばかりやってたんですよ! グループ単独のライブが観たいのに。お昼に発表があったんですけど、BEYOOOOONDSについては武道館ライブの発表も先にありました。2019年に華々しくデビューしたにも関わらず、2020年はコロナ禍でツアーは中止。2022年になってやっと初めてのコンサートツアーができるわけです。行かないと! 週末は Jリーグ VS ハロプロだな。

 

 

更に、21:00には BEYOOOOONDS の新曲MV が公開されました。ショパンの『英雄』です。これいいよ! 年末のライブで BEYOOOOONDSプレミアムだけ当たって、そこで新曲やらなかったときには本当に失望したけど。安心した。

 

作詞:星部ショウ 作曲:FREDERIC FRANCOIS CHOPIN 編曲:加藤裕介/星部ショウです。またジャニーズ関連なのか。最近、ハロプロはジャニーズ関連が多いんです。モーニング娘。'21『ビートの惑星』が SMAPの曲を思わせると話題になったり、つばきファクトリー『涙のヒロイン降板劇』の作曲者にshusui、『ガラクタDIAMOND』の作曲者には馬飼野康二鎌田俊哉という名前が並んでいました。Juice=Juice が山下達郎竹内まりやの曲をカヴァーしてる関係で、所属事務所の元社長、小杉理宇造さんとの繋がりができたからなのでしょうか?

 

『英雄〜笑って!ショパン先輩〜』なんですけど、編曲の加藤裕介は嵐などでもお馴染みですよね。でジャニーズでショパン関連と言えば SMAP です。デビュー曲『Can't Stop!! -LOVEING-』で『きらきら星』が挿入されています。そして、英雄と言えば木村拓哉の主演ドラマ『HERO』ですね。それにしても、なんでここに来てジャニーズ・リスペクトなんでしょう? 初期モーニング娘。SMAPに強く影響を受けてるので、原点回帰的な意味もあるのか? 昨年出たアルバムタイトルも『That's J-POP』だったな。

 

 

最近、ハロプロの女性ファンがまた増えたと話題ですよね? 確かにコロナ禍前の半数を超えて、どのグループのライブでも女性の方が多くなってきました。それはいいんですよ。でも新規は真面目な人が多いでしょ? 私が寝落ちしてると、キッて感じで睨んでくる人にも度々遭遇します。「メンバーが一生懸命踊っているのに、お前は!」みたいな。年末のライブのとき映画館でも、2本続けて観て、同じ曲やるのかって寝に入ったら、隣の女性が不快感をあらわにされました。いやいや、私は昨日も観てるし、今日も2本目だよ。少しくらい寝てても大丈夫だから! 不真面目になれ!

 

1月16日付 CD シングルBEST 5。

 

 

話題の NETFLIX ドラマ『新聞記者』を観ました。面白かったです。政治の腐敗で言えば、韓国ドラマでよくあるじゃないですか? 「ああ、発展途上国は大変だよね」とか言いながら観てますよね。しかし、このドラマの舞台はもっと悲惨ですよ。現在進行形で腐敗は進んでいるんです。ネット上の感想では、エンタメ性に欠けるとか、バカなこと言ってる奴らが多いですけど、綾野剛が最後に「ここからです」と言って、ドラマは終わります。何か希望が観えるラスト。でも現在を知る私たちは、更にそのあとが酷いことを知ってるわけです。

 

ドラマの続きの現実世界では、こんな状況でも衆院選では自公が圧勝。若者も自民党に1票。一方、自殺した赤木さんの妻・雅子さんは真相の解明を目指し、国家賠償請求をした結果、国側が訴えを認め1億円を支払いました。それだけ聞くと「勝訴」と思いそうですが、国側は公文書改ざんの経緯を闇に葬ったのです。裁判を終わらせるためにお前らから徴収した税金で1億円を払っただけ。「認諾」という言葉が話題になりました。まったく何も解決していない。何か衆院選以来、ずっと嫌な気分だよ。ちゃんと絶望的なラストが観たかったな。

 

 

 

今週のアルバム1位は、SixTONESでした。2位は Kep1er の輸入盤、3位はヴィジュアル系バンド、 -真天地開闢集団-ジグザグ です。他に、育成ゲーム「A3!」関連、でした。めちゃ少ない。

 

 

 

今週のシングル1位は、Aimer です。BiSH もう少しサウンドよかったらいいのにな。一方、握手会チャートには、BLACK IRIS、などが登場しています。

 

 

◉1月16付 CD シングルBEST 5。

1位 残響散歌/ 朝が来る / Aimer(4.4万枚)

2位 FiNAL SHiTS / BiSH(1.5万枚)

3位初恋LOVE(うぶらぶ) / なにわ男子(0.7万枚)

4位 一途/ 逆夢 / King Gnu(0.6万枚)

5位 アイマス CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER R/LOCK ON! 01 星環世界(0.5万枚)

 

水島新司先生、死去。

 

水島新司先生が先週亡くなられたそうです。驚きました。ここ数日、水島新司先生の『ストッパー』というマンガが読みたくて仕方なかったんです。それは NETFLIXで『One Outs』というマンガ原作のアニメを観ていたからです。せいぜい 120キロ台の投球しかできない博徒のピッチャーがプロ野球で大活躍する話。紙ヤスリでボールに傷をつけて変化球にするエメリーボールも登場してます。これ観たら水島先生の『ストッパー』読みたくなりますよね? 

 

 

水島先生のマンガと言えば、まずは『ドカベン』ですよ。『少年ジャンプ』より前に『少年チャンピオン』が大人気だった時代がありました。弟と一緒に『ドカベン』の表紙40冊とか並べて、かっこいいランキングをつけたりしてたな。高知といえば、土佐丸高校だよね? 犬神の服の袖からボールが飛び出す投法真似したよ。でも犬飼小次郎は高知なのに「鳴門の牙」って・・・高知県人には微妙だった?

 

山田玲司さん、きたがわ翔さんが話す『ドカベン』の話、最高に面白いですよ。人気バスケマンガ『スラムダンク』のベースにも『ドカベン』があるという話。水島先生の生い立ちから、野球マンガの歴史まで教えてくれます。下の動画は必見!

 

 

私は小学生のとき近鉄ファンでしたから、パ・リーグ舞台の『あぶさん』も大好きでした。現在サッカー界では54歳現役のカズさんがいますが、あぶさんは50代で三冠王獲っています。そのあたりで流石に読まなくなったけど。あと女性プロ野球選手、水原勇気も登場する『野球狂の詩』もありました。いろいろ読んだ。で、もう野球マンガは描き尽くしたんじゃないか?と思っていた80年代後半には『ストッパー』を読んで衝撃を受けるんです。実力の不足を頭脳で乗り越えるプロ野球選手が登場します。里中みたいな可愛い顔してるのに、さっきも書いたエメリーボールなどの反則技も使う。驚きました。もう尊敬しかない!

 

一度、知り合いに水島先生のトークショーに連れて行ってもらったことがありました。2005年とかだったかな。もうトークは終わっていたのですが、最後に会場のリクエストに応えて、水島先生が大判の紙にマジックで人気キャラクターを描いてました。かっこよかった。さらさらっと描くんですけど、あのマンガに登場する岩鬼殿馬が見事にその場に出現しました。感動しましたよ。水島先生、ありがとうございました。